いざというときのために知っておきたい!スマホ修理店の基礎知識

スマホ修理には2つの方法がある!

水没や画面割れなど毎日使用するスマホにはトラブルがつきものです。このような不具合が発生したスマホを修理するには、正規の修理店に依頼する方法と非正規の修理店に依頼する方法の2つがあります。正規の修理店とは、スマホメーカーや大手キャリアのショップのことを指します。一方の非正規店とは、これらの正規店以外のスマホ修理業者のことです。

2つのスマホ修理店の違いは?

正規店と非正規店の違いは修理に使用する部品にあります。正規店では純正部品を使ってスマホを修理するのに対し、非正規店では純正部品ではない互換部品を使い修理を行います。高品質な互換部品での修理なら問題ありませんが、非正規店のなかには低品質な部品を使用しコストを抑える店もあるのです。

正規店はスマホ修理を安心して任せられる反面、修理料金が高額なのが特徴です。一方の非正規店は部品の品質や修理技術がまちまちなため、お店選びを間違えるとトラブルになる可能性があります。また非正規店による修理を受けると、メーカーによる保証が受けられなくなる欠点もあります。しかしその反面、低価格でスマホ修理ができるのが非正規店の魅力です。

どちらの修理店を選べばいいの?

正規店と非正規店どちらを選ぶかに明確な基準はありません。しかし判断基準になるポイントはいくつかあります。たとえば値段の張るスマホなら、正規店を利用してメーカー保証の権利を維持したまま、信頼性の高い修理を受けたほうがいいでしょう。逆にそれほど高額ではないスマホなら、万が一トラブルになっても簡単に買い換えられるので、正規の修理店を利用するメリットは薄いかもしれません。このように修理を希望する人の状況によって、正規店と非正規店どちらを選ぶかの判断は異なるのです。

スマホ修理が必要になってしまったら、スマホ修理の梅田と言えるほどショップが多い梅田がおすすめで、ショップの状況によっては短時間で対応できるところもあります。

You May Also Like