これからモバイルサイトを作るなら知っておくべき!AMPってなに?

モバイル端末で高速に表示される仕組み

近年、モバイルページとして「AMP」と呼ばれるものが注目されています。AMPはモバイル端末を利用して読み込んだ場合、高速にレンダリングされる作りになっているため、検索サイトなどが普及を推し進めているのです。では、AMPを利用してホームページを作るためにはどうすればいいのでしょうか。まず、AMPと従来のホームページにはどのような違いがあるのかというと、AMPは利用できるHTMLのタグなどが限られているという点で大きく異なります。また、Javaスクリプトも使えません。つまり、従来の一般的なホームページよりもデザインや機能を制限する分、読み込みが速くなるというわけです。したがって、すでに存在するホームページをAMPに対応させるのは相当難しいといえるでしょう。レスポンシブデザインにするだけなら、CSSを付け加えていくだけで済みますが、AMPに対応するためにはサイトの設計自体を見直さなければならず、大がかりになるからです。

利用できるHTMLタグを把握するのが重要

AMPに対応したページを一から作るためには、利用できるHTMLタグを把握し、必要なライブラリを組み込んでいくことになります。また、検索エンジンに対し、「このページはAMPに対応している」ということを伝えるため、構造化マークアップも必要です。構造化マークアップとは主に検索エンジンが送り込んでくるボット向けに書かれたマークアップのことで、ページがいつ更新されたのか、またサムネイル画像はどれかといったことなどを指定します。ちなみに、現時点においてレスポンシブデザインのサイトとAMP対応のサイトを比べて、AMP対応サイトの方がSEOの点で有利になるといったことはないといわれています。

ホームページ制作を行えば、自社の情報を広く世界の一般消費者に伝えられるため、ビジネスを手広く展開出来ます。PRが成功すれば購買意欲が旺盛な海外の顧客も、上手く取り込めるでしょう。

You May Also Like