簡単に言うとどういうこと?マーケティングオートメーションとは

聞いたことはあるけれど実際どういうこと?

「マーケティングオートメーション」というのは、読んで字のごとく、「市場」を「自動化」するということです。
主にBtoBの企業で使われることが多いもので、獲得したマーケットデータを一括管理・精査することで、SNSやウェブなどにおけるマーケティングを自動化、可視化するものです。
これをすることによって、精度の高い見込み客へのアプローチが可能となるため、営業もしやすくなりますし、もちろん実績も上げやすいというわけです。

見込み客を育てるのがマーケティングオートメーション

精度の高い顧客へのアプローチが叶い、効率の良い営業ができるのは何故なのか。
それは、見込み客を育てるというところにポイントがあります。
例えば、メルマガを送った場合には、開封率や送信総数などの人力で可能な範囲だけでなく、そこからのウェブサイト閲覧状況やセミナーへの参加状況など、人力では追い切れないところまで自動でデータ収集を行い、結果を戻してくれるのです。
その結果に応じて、あらかじめ定めておいた打ち手で動いてくれるので、見込み客をより精度の高い客へと育ててくれることになるのです。

じっくりと時間をかけて行うことが大切!

マーケティングオートメーションはある程度の数が必要となります。
すぐにでも効果を出したいという気持ちになりますが、じっくりと時間をかけることが成功のカギです。
得られた結果を踏まえてPDCAをきちんと回していくためにも、焦らずに進めましょう。
また、たくさんの種類がありますので、しっかりと比較検討し、身の丈にあったものを選びましょう。

マーケティングオートメーションは月々の費用は掛かりますが、人件費を考えると圧倒的に低コストで分析やメール配信などの業務を行えるので経費削減にも繋がります。

You May Also Like